韓屋村の裏通り

1ゆっくり歩く者には福が来る道

長い​歴史を持つ全州韓屋村で裏通り巡りをするなら、最初に行くべきはここ!長い年月を経てきて神々しいまでの存在感を放つ、樹齢600年の銀杏の前をスタート地点にしよう。
続いて、光を継承するという意味をもつ承光斎(スングァンジェ)は、朝鮮王朝最後の皇孫であり、現皇室文化財団の理事長のイ・ソク(李錫)さんが居住する場所兼皇室の歴史や礼法などを共有する場所でもある。事前に予約をすると、礼儀作法体験やトンメチギ(餅つき)体験も可能。

樹齢500年を超える梧木台堂山木のすぐ隣の階段は、絶景スポットで有名な梧木台展望台へ続く。道を歩いていくと、低い塀を越しに今は珍しい井戸を見つけることもできる。昔の人たちは井戸が四海竜王の住処とされる竜宮へ通じると信じていたらしい。残念ながら竜王には会えないけど、トッケビ(妖怪)になら、ドラマ『トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜』のトッケビ壁画通りに行けば会える!

樹齢600年の銀杏

樹齢600年の銀杏

高麗禑王9年(1383年)にチェ・ダム(崔霮)先生は、虫を寄せ付けないイチョウのように、雑念を払い、生涯イチョウに学べという意味で、この木を植えたと伝わる。樹齢600年のイチョウの前に立ち5回深呼吸をすると運気が上がるそうだから、今すぐ!目を閉じて5回大きく深呼吸をしてみよう。心の中の運気が上がり、健康と幸せを運んでくれるだろう。また、ここまで来たなら、イチョウの向かい側の小川と、その奥のチェ・ミョンヒ道もぜひ立ち寄りたい。チェ・ミョンヒ(崔明姫)文学館と、チェ・ミョンヒ生家跡地の通りは、びっくりするほどの宝物がたくさん隠されている興味深い道である。

  • 全州市完山区ウンヘンロ33